今年も2月20日のキヌア記念日が、ボリビア大使館の後援で開催されました。

キヌア記念日

当日は、キヌアについての情報交換やキヌアの研究発表がありました。
その後、キヌアを使った食べ物やボリビア大使館が用意して下さったボリビアの食べ物をいただきました。
研究発表では、京都の桂高校の皆さんが今までの研究成果をお話しして下さいました。
担任の先生はもう10年以上、生徒と研究をしているそうです。
特にキヌア栽培に関する内容は、なかなか聞くことができない貴重なお話でした。
質疑応答でも、皆さん興味が高かったようで、質問が止みませんでした。
その中で、参加されたボリビアの方は、こうして遠く離れた日本で、親しみのあるキヌアが愛されていることが嬉しかったようです。
高校生達のこれからの活躍が楽しみです。
卒業生の1人は、これからペルーへ留学するとのことで、実際に活躍されている先輩が近くにいるのも頼もしいです。
キヌア記念日、また来年の開催を楽しみにしています。

 

キヌア記念日2

ボリビア大使館が用意してくださった、ボリビアのお菓子やパンなど。
何だか、現地で食べたアルファフォーレより美味しかった気がしました。

 

キヌア記念日3

京都のお料理屋さん、いち好 で食べられるという、キヌアラー油。
かなり美味しかったです。ご飯にも合いそうです。
何でも、予約をすればキヌアのフルコースが食べられるということで、いつか行ってみたいです。