朝食にキヌアのジュースを

朝食にキヌアのジュースはいかが?

南米のボリビアでは、朝食にキヌアのジュースをいただきます。
この飲み物に、パンやクッキーなどお好みのものを合わせて食べます。
味は、アップルパイのような淡く甘~い感じです。
と言いますのも、材料に、リンゴやシナモンを混ぜるからです。
作り方は、簡単!
ご参考のために、作り方を紹介します。

材料

  1. キヌア…1/2カップ
  2. 水…500ml
  3. リンゴ…半分
  4. シナモン…少々
  5. 砂糖…小さじ2
  6. 牛乳もしくはコーヒーミルク…お好みで(ミルクを入れると味がまろやかになります)

作り方

  1. 沸騰したお湯に、洗ったキヌアを入れて、20分ほどゆでます。
  2. キヌアのひげが出てきて透明になってきたら、弱火にし、すりおろしたリンゴとシナモン・砂糖をお好みで入れてかき混ぜて、味が調ったら火を止めます。
  3. 器に先にミルクを入れて、その後にキヌアのジュースを注ぎ入れると、白い模様が器の周りに広がってカワイイです。冬などは、温かいまま器によそって食べても身体が温まっていいですね。
ぜひぜひ、みなさんのお好みの味のキヌアのジュース、作ってみてください!

 

LAフーズでは、キヌアの販売も行っております。

さらに、キヌアについて知りたい方は、こちらのキヌアのページをご覧ください!

キヌアのご購入をお考えの方は、こちらのLAフーズのネットショップ(キヌア)よりどうぞ!