先日は、ボリビア料理のケータリングサービスを行いました。

椿の庭にて、10人ほどの方にボリビア料理を楽しんでもらいました。

いつものように椿の庭のキッチンをお借りし、その場で出来立てをお出しできるのが助かります。

今回のコース内容は、

  • 紫色トウモロコシのジュース

Chicha morada チチャモラーダ

  • 豚足のマリネ

Escabeche エスカベッチェ

  • 落花生のスープ

Sopa de mani ソバデマニ

  • 鶏肉の唐辛子ソースあえ

Picante de pollo ピカンテデポジョ

  • パパイヤ漬け牛肉のソテー

Lapping ラピン

  • ウチワサボテンの実

Tuna トゥナ

以上の6品にボリビア風ピラフやサラダなどをお付けしました。

年配の方々だったので、量は少なめにして、多くの料理を楽しんでもらおうと思いました。

ちょっと多いかなと思いきや、皆さん完食されていて良かったです。

食べたことがないものばかりだったようで、料理の説明をすると興味深そうに聞いて下さいました。

また、ボリビアについての話しにも好奇心旺盛で、食文化や宗教の違い、日系人のことなどを色々と質問してくれ、こちらも嬉しかったです。

今回も料理や食材を通じて、ボリビアのことを知ってもらう良い機会となりました。